スポンサード リンク

2007年09月29日

薬剤師資格の取得方法とその実態

薬剤師資格とは

薬剤師資格を取ると薬剤師になれるわけですが、その主な仕事には、病院や薬局で薬を調剤し販売するほか、製薬会社で薬の研究開発に携わる、あるいは自治体などで保健所に勤める、保険関係の行政事務に携わるなど、様々な道があります。最近では薬剤師を必要とする薬局が、専門店舗だけでなく、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど、活躍の場が広がってきているため、まず食いっぱぐれることがないのが薬剤師であると言えます。それだけ薬剤師資格は魅力が大きいことになります。

薬剤師資格取得

薬剤師資格取得するには、専門の大学で正規の課程を修めたあとで、国家試験に合格する必要があります。数年前までは薬科大学、薬学部において4年間在学し必要な課程を治めていれば国家試験を受験し薬剤師資格取得することが出来たのですが、薬に対する専門性の高さを求めるニーズの高まりもあり制度が改正され、医師と同様に6年間は在学する必要があります。
したがって、薬剤師資格取得は以前に増して専門性が求められるとともに、薬剤師不足から、その必要性は益々高くなっており、薬剤師資格への注目もアップしているといえます。

薬剤師国家試験は、厚生労働省医薬食品局が監修しており、実施時期は毎年3月末に2日間にわたって行われます。問題は全部で240問です
内訳 基礎薬学 60問
   衛生薬学 40問
   薬事関係法規・制度 20問
   医療薬学が120問(薬理学30問、薬剤学30問、病態・臨床薬学60問)
合格ライン 現行では正解率65%(156問正解)かつ各科目全てが35%

薬剤師資格の就職

薬剤師資格取得するとどれだけ就職の口があるのか。
先に記述したように病院、薬局、製薬会社、公務員など、薬剤師の活躍できる範囲は幅広いものがあります。
また、薬剤師資格者向けの就職情報サイトも多数あり、これを見ることで薬剤師がいかに多く求められているかを伺い知ることが出来ます。
ここでは数多くの薬局をはじめとして、病院や大手流通業者、製薬会社など、常勤やパートなどあらゆる雇用形態で薬剤師を募集しています。
パートといえどもその時給は、一般サラリーマンほどの収入になります。薬剤師の有利な条件を生かして、数年おきに全国の好きな場所に引っ越しながら暮らす薬剤師もいます。これを薬剤師ジプシーと言うかどうかはわかりませんが、薬剤師資格取得することは、自由な人生を送る資格を得ることも手に入れたと言えるかもしれません。

薬剤師資格の給料

薬剤師資格取得者の給料は実際にどれくらいなのか。手っ取り早く知るには先に記述したように薬剤師向けの就職情報サイトを見ることです。
薬剤師を常勤として募集している場合、東京では年収400万円〜700万円が多いようです。地方を見ると薬剤師の報酬はどうなるでしょうか。実はほとんど変わりません。この年収レベルは全国どこでも十分な生活が出来る水準といえます。
では薬剤師をアルバイトとして募集しているところでは時給はいくらになるでしょうか。1800円〜2000円が一般的なようです。
このように、薬剤師資格取得者はアルバイト感覚でも割の良い金額となります。 単純な求人方法でこれですから、薬剤師資格取得し、学卒で大手企業に就職できれば、かなりの高給が期待できるでしょう。
posted by 薬剤師資格取得したい at 11:39| 薬剤師資格の取得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。